FC2ブログ

プロフィール

響瑠

Author:響瑠
ここに書かれている日記は
<妄想>です。
実在する地名・人名・団体名が登場しても、それは偶然ですので、まったく関係ありません。
また、ここに記されている内容はオリジナルですので
著作権は作者にあります。勝手に使用しないでくださいね。
【18禁表現を含みます】


カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


<宇宙くんのセックスの相性、理想と現実>

カルテ:宇宙 (19) ゲイ
「僕、男の人とのセックスはそれなりに経験はあるんですけど、今まであまり気持ちよくなかったんです。痛いわけじゃないけど、ああ入ってるなって思うくらい。
気持ちいいエッチをしてみたいです。
ちょっとM気があるので、強引に抱かれたいっていう願望があります。
本当は、心が満たされるような、愛のあるエッチがしてみたいですけどね。
好きな男性のタイプは、スポーツマンでワイルド系です。」

俺は、マリンさんと今日のお相手、宇宙くんのプロフィールを見ていた。

和樹 「色白で金髪で目元もくりくりしてて、今時のイケメンな男の子って感じだね。普通に女の子にもてそうだよね。」
マリン「そうなのよ~モデルだって出来そうなのにね~強い男に守られたいんですって。」
和樹 「で、楽園(うち)で売り出すの?」
マリン「そう。ウリセンに面接来たけどもったいないからスカウトしちゃった。渚くんが長期休暇とっちゃってるし、可愛いウケくん欲しかったのよね~」
和樹 「渚とはタイプ違うし、良いかもね。今日はPV用なんでしょ?なんで俺?」
マリン「本当は、翔くんにしようと思ったんだけどね、見た目可愛いのに身長が翔くんと同じくらいあるのよ。それにワイルド系がタイプだっていうから。」
和樹 「げっ、見た目の問題?」
マリン「でも、翔くんより和樹くんの方がたぶん相性もいいと思うのよね。」
和樹 「はぁ。」
マリン「あら、変態できないと不満?」
和樹 「え?そんなんじゃないですよ。」
マリン「気持ちいいセックスしたことないらしいから、恋人みたいに抱いてあげちゃって。」
和樹 「ん・・・そういうの逆にテレるんですよね~」
マリン「ふふっ。知ってたわ。素の和樹くん楽しみにしてる。」
和樹 「ちょとそれ~わざとプレッシャーかけてるでしょ?」

そんな話をしていると、ADのマコトくんが宇宙くんを連れてやってきた。

マコト「あ、本日のゲストのっ・・あっ、ゲストじゃなくて・・出演の、あの・・・そ、そら・・宇宙くんです。」
和樹 「マコト大丈夫か?緊張しすぎだぞ。」
マコト「あ、はっはい。」
宇宙 「あははっ。なんか、緊張ほぐれました。よろしくお願いします。」
和樹 「よろしくね。」

今日は、宇宙くんのデビューAVでPV用にもなるので、クルーは変態班ではなく、翔や渚の担当をしている正統派クルーだ。ディレクター兼カメラのゲンさん、カメラの辻さん、ADのマコトくん、マネージャーのマリンさん。
宇宙くんのご紹介映像はすでに撮影済みだそうだ。今日はエッチシーンだけ。
そう言えば、渚との査定撮影以来だな、このメンバー。なんだか、変に緊張する。

ゲン 「あっと、ちょっと灯り調節します。ふたりとりあえずベッドで並んでて。」

照明はディレクターが兼任しています。本番前に調節して本番中はADが調節します。
ディレクターはカメラもやるから、何でも出来なくちゃだめなんです。
それにしても、普通はとりあえず本番始めちゃってから灯り調節なんてするのに、今日は流石にPV用だから力はいってますな。

ゲン 「ん~、和樹、ちょっと黒すぎ~」
和樹 「えぇ!?俺のせい?」
ゲン 「宇宙くん、色白いよね~透き通ってる。ふたり並ぶとオセロだな。」
マリン「宇宙くんに合わせちゃっていいわよ~」
ゲン 「和樹、影になって顔映ってなかったりして。」
和樹 「ひでぇ~。まぁ、宇宙くんのPVだから、いいですよ。」
ゲン 「辻、どうだ?」
辻  「OKです。」
ゲン 「よっし。じゃぁ、撮影はじめまーす。」

和樹 「よろしくね。」
宇宙 「はい。よろしくお願いします。」

声も普通だし、ちょっと垂れ目で可愛い系のイケメンくん。オネエな感じでもないし、言わなきゃゲイってわからない感じだよなぁ。
どんな声で啼くんだろ~。あ、俺って声フェチなのかなぁ?
まっ、いいか。お仕事お仕事。



※拍手&ランキングバナーをポチっとしていただけたら嬉しいです♪


小説(BL) ブログランキングへ
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)