FC2ブログ

プロフィール

響瑠

Author:響瑠
ここに書かれている日記は
<妄想>です。
実在する地名・人名・団体名が登場しても、それは偶然ですので、まったく関係ありません。
また、ここに記されている内容はオリジナルですので
著作権は作者にあります。勝手に使用しないでくださいね。
【18禁表現を含みます】


カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


<夕方・駅前通り>
俺は夏休み中、隆哉の家の最寄り駅近くにあるレンタルビデオ屋でアルバイトをすることしにした。
偶然にでも隆哉と会えたらなって、そんな不純な動機だけど。
終業式の今日は、初日だったが、研修だったので早めに終わってしまった。
涼「今頃、隆哉は留美ちゃんと思いっきりエッチしてるんだろうな~」

とぼとぼと駅に向かって歩いていると、駅の階段から隆哉が降りてきた。
隆哉「あ・あれ?涼?」
涼「あ・あぁ。」
びっくりした。初日にいきなり期待していた偶然があるなんて。
隆哉「な・何してるの?こんなところで。まさか俺のこと待ち伏せしてた?はははっ」
涼「んなわけないだろ。バイト。そこのビデオ屋で夏休み中バイトするんだ。
今日は研修だったから今終わったところ。」
隆哉「そっかぁ。」
涼「あっ、映画とか色々借りてきたけど、何か見る?」
隆哉「そうだな。今日、うち親いないんだった。退屈だし今から来る?」
涼「うん」
隆哉「どうせなら一緒に観ようぜ」
隆哉の家には何度も行ったことあるけど、
「今日、うち親いないんだった」という隆哉の言葉が頭の中をリフレインして、
ドキドキする。

彼氏の家に初めて招かれた女の子みたいに。



※このシーン好きだわ♪って思っていただけたら「ポチ」としてください。


小説(BL) ブログランキングへ
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)