FC2ブログ

プロフィール

響瑠

Author:響瑠
ここに書かれている日記は
<妄想>です。
実在する地名・人名・団体名が登場しても、それは偶然ですので、まったく関係ありません。
また、ここに記されている内容はオリジナルですので
著作権は作者にあります。勝手に使用しないでくださいね。
【18禁表現を含みます】


カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


<旅館の部屋・夜>
食事も済んで、布団も敷いてもらって、ゆっくりとした時間が過ぎていた。
俺は窓から空を見上げていた。
すると、望が静かに近づいてきて俺の背中にそっと身体を寄せた。

望  「お兄ちゃん・・・本当に、ありがとう。俺っ・・・」

俺は望の言葉が終わらないうちに、身体をくるりと返し、望の顎に手をやると上を向かせて、少し強引に口づけをした。
望の、その続きの言葉を今はまだ聞きたくなかった。
そっと唇を話すと望が俺の顔を見上げ、微笑み胸に顔を埋めてぎゅっと抱きついてきた。

望  「お兄ちゃん、大好き。」

くぐもった声でそう言う。
俺は望の髪を撫で、両手で顔を包んで上を向かせるとまた、口づけをした。
さっきよりも、もっと深く深く。

望 「んはっ・・・」

望みが吐息を漏らす。
俺は唇を離すと、望を抱きしめた。

宗一郎「なぁ、望。普通の兄弟はこんなことしないんだ。それと男同士でもしない。」
望  「・・・うん。」
宗一郎「だけど・・・だけど俺は、お前が・・・欲しい。望とキスしたいし、・・・もっと、望の全部が欲しい。・・・駄目な奴だ。」
望  「駄目じゃないよっ!・・・俺もお兄ちゃんとキスしたいし、お兄ちゃんが欲しい。」

望は潤んだ瞳で俺を見つめる。
本当は駄目なんだこんなこと。俺の理性が少しだけブレーキをかけようとする。
だけど、後悔だけはしたくないんだ。
俺はこの望みが叶うのなら、それから先は地獄にでもどこにでも行ってやる。

宗一郎「望・・・愛してる。」



※拍手&ランキングバナーをポチっとしていただけたら嬉しいです♪


小説(BL) ブログランキングへ
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)