FC2ブログ

プロフィール

響瑠

Author:響瑠
ここに書かれている日記は
<妄想>です。
実在する地名・人名・団体名が登場しても、それは偶然ですので、まったく関係ありません。
また、ここに記されている内容はオリジナルですので
著作権は作者にあります。勝手に使用しないでくださいね。
【18禁表現を含みます】


カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


<病院・夕方>
昨年のクリスマスに、佳苗とショウと望のそれぞれの人格と時間を過ごし、色々な発見があった。
佳苗はずいぶん明るい子になったし、
俺のショウに対する愛しいと思う気持ちは兄弟愛にとどまらないことを思い知らされた。
そして望。・・・望は、空っぽだった。
3歳から17歳まで眠り続けていたのだから、当たり前なのだろうが、ショウや佳苗のような思い出が何もない。
3歳までの記憶もほとんどないという。俺に対してもどこか他人行儀だ。
佳苗が前日、あんなに喜んではしゃいでいた夢の国にもほとんど興味を示さず、クリスマスを楽しむ様子もなく早めに帰宅することになった。話もほとんどできなかった。

あの日から、喉に刺さった魚の骨のように、俺の中にはずっと違和感があった。
しかし、それが何だかわからない。
正月明け、診察時間が終わった頃、神田先生の病院を訪ねた。

宗一郎「お忙しいところすみません。」
神田 「いや、私も今後の事を相談しなければと思いたところです。田崎君にも来てもらいました。」
田崎 「どうも。その後どうですか?望君の様子は。」
宗一郎「それが・・良く分からなくなってしまって。」

俺は、近況を話した。
佳苗はだいぶ割り切れた風で、叔父貴と偶然会っても取り乱すことはなかったことや、
自慰に対しても前ほど嫌悪を示さなくなったこと、そして性格も明るくなったことなど。
望は、普通に生活するには特に不自由がないほどに成長したこと、ただ望には何の記憶もないことなど。
ショウは、望が眠りから覚めたことで、バランスを崩し情緒不安定になったり
ふたりのコントロールが前ほど容易ではなくなったことなど。
そして・・・幼い頃から、俺が望だと思って接してきた相手は実はショウであったこと。
3歳以前からだ。もしかしたら生まれた時からなのではと思うほどに。

田崎 「そうですか・・・。多重人格の治療としては、以前は人格の統合が推進されてきましたが、最近では、それよりもそれぞれの人格がトラウマを受け止め協力し合って生きていくことを重視する傾向もあります。今後の事については本人の意思に沿うよう勧めていきたいと思うのですが。望君の場合、幸い凶悪な人格など社会生活において支障をきたすことはないようなので、今のまま3人がお互いを受け入れ相談しながら生きていくということもできると思うのです。ただ、主の人格が性別の違う佳苗さんというところで、大人になるにつれ問題が大きくなっていくのではないかとも思われるのです。」
宗一郎「・・・あの、人格の統合がされると今の3人はどうなるのですか?」
田崎 「それは・・・正直わかりません。基本的人格の望君に他の二人が取り込まれるような形になるのか、それとも・・・」
宗一郎「ショウにも佳苗にも会えなくなるということですか?」
田崎 「・・・佳苗さんもショウ君も望君の心の一部です。本来表に出ることはなかった。」
宗一郎「・・・」
神田 「まぁ、まだそこまで急ぐこともないでしょう。その前に花柳家の問題があります。そもそもの原因と思われる、母上の美鈴さんとのトラウマを解決できていないのですから。」
宗一郎「・・・そうですね。虐待を受けていたというのも望ではなくショウだと聞きました。では、佳苗が死んだときの母さんの罵倒を受けたのは、本当に望だったのでしょうか?それもショウだったのでは?」
田崎 「それは・・・どうでしょうか。なぜ、望君が3歳のまま眠ることになったのか、そこがわかりません。」

そんな出口のない迷路に入り込んでしまったような話をしていると、病院の電話のベルが鳴った。
しばらくすると電話を切った神田先生が少し慌てて戻ってきた。

神田 「お父上からです。佳苗さんが手首を切ったと。」
宗一郎「!?」
神田 「あっ、幸い傷は浅く止血できたようです。今から花柳家に伺うことになりました。」
宗一郎「じゃぁ、私の車で。」
神田 「運転、大丈夫ですか?」
宗一郎「はい。」
田崎 「私も、ご一緒してよろしいでしょうか?」
神田 「そうですね。」
宗一郎「お願いします。」

急いで車の準備をして3人で我が家を目指した。



※拍手&ランキングバナーをポチっとしていただけたら嬉しいです♪


小説(BL) ブログランキングへ
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)