FC2ブログ

プロフィール

響瑠

Author:響瑠
ここに書かれている日記は
<妄想>です。
実在する地名・人名・団体名が登場しても、それは偶然ですので、まったく関係ありません。
また、ここに記されている内容はオリジナルですので
著作権は作者にあります。勝手に使用しないでくださいね。
【18禁表現を含みます】


カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


<宗一郎の部屋・夜>
佳苗も高校生になり、だいぶ生活の変化にも慣れてきたようだ。
俺は、相変わらず妹の寝込みを襲うようなことを繰り返している。
中学の頃ほどではないが、射精させる時の佳苗の嫌悪感は、相変わらずだった。
俺はいつも、「早く望に出てきてくれ」と願いながら、していた。
時々、望が俺の部屋にやってくるようにもなった。
そんな時は、正直ほっとする。
・・・というか、嬉しいと思う自分の心がいまひとつわからないでいた。
望は自分で出来るから、本当は俺が手伝うこともないのだが、望の自慰する姿は
なんだかエロくて、つい触れたくなってしまうのだ。
思い出したら、したくなってきた・・・。
今夜はエロビデオでもおかずに、自慰しますかね・・・。
最近、全然見てなかったなぁと、ガサガサAVを探して手に取ると、
いきなり入口の扉が開いた。

望  「お兄ちゃん!!」
宗一郎「!?・・・の、望!ど、どうした?」

俺は、慌てて手に持ったAVを棚に戻すと、少しうわずった声で答えた。

望  「どうかした?」
宗一郎「いや、ちょっとびっくりして・・・」
望  「あぁ、ごめんね。」
宗一郎「いいんだ。どうかしたのか?」
望  「ううん。早くお兄ちゃんに会いたくて。」
宗一郎「望・・・・」

俺はそんな望が可愛くて思わずおでこにキスをする。
望がこんな風に部屋に来る時は、佳苗が睡眠導入剤を飲んで眠った時だ。
それも、心配の種ではあるのだが。

宗一郎「佳苗ちゃん、学校で何かあったのか?」
望  「・・・うーん。お友達とエッチの話しになってね~佳苗ちゃんそういうの苦手だから、
なんだか疲れちゃったみたい。」
宗一郎「高1の女子は、そんな話をするのか?」
望  「するみたい」
宗一郎「まったく。望は、その・・・女の子とエッチしたいとか思うのか?」
望  「えぇ?思わないよ~。お兄ちゃんといつもしてるし。」
宗一郎「はぁ?あぁ、そういうエッチじゃなくて・・・セックスのことだ。」
望  「お兄ちゃんにしてもらってるのは、セックスじゃないの?」
宗一郎「ちっ、違うだろっ!・・・自慰、つまりオナニーを手伝ってるだけだ。」
望  「そうなの?春休みにお兄ちゃんが美菜子さんとしてたのと同じでしょ?」
宗一郎「ん?確かに美菜子とはセックスしてたけど・・・」
望  「じゃぁ、セックスじゃん。お兄ちゃん、お口でしてくれるでしょ。」
宗一郎「口でするのは、フェラだ。・・・ん?美菜子とのを見たって最後まで見てないのか?」
望  「美菜子さんがお口でお兄ちゃんのしてて、佳苗ちゃんショックでお部屋に・・・」
宗一郎「あぁ、なるほど。・・・え?じゃ、もしかしてお前たちセックスがどういうものか知らないのか?」
望  「・・・?」
宗一郎「まいったな・・・。じゃぁ、一緒にAV鑑賞でもしてみるか?」
望  「何それ?」
宗一郎「男と女がセックスしている映像」

望とは男同士のせいか、気楽にこんな話も出来る。
佳苗はぐっすり眠っているのだろうから、ちょうどいいだろ。
俺は、さっきみつけたAVをセットして、望とベッドに腰掛けた。
最初は普通に見ていたが、女が服を脱がされ胸をあらわにされて揉みしだかれる頃になると、
望は俺のシャツをぎゅっと握りしめた。興奮しているのだろうとほおっておいたが、
しばらくすると、今度は俺の胸に顔を埋めてきた。

宗一郎「望?どうかしたのか?」
望  「・・・気持ち悪い。」
宗一郎「気持ち悪い?エッチな気分にならない?」
望  「ならない・・・。大きな胸とか・・・女の人の顔が・・気持ち悪い。」

俺は望の股間に手を伸ばした。確かに興奮はしていないようだ。
俺はAVを止めた。

宗一郎「まぁ、いきなりすぎたかな?」
望  「ねぇ・・・男の人とはセックスできないの?」
宗一郎「はあ?男同士ってことか?」
望  「うん・・・。」
宗一郎「出来なくはないだろうけど・・・」
望  「出来るの!?」

望は嬉しそうに俺の顔を見上げてきた。

宗一郎「い、いや・・・俺も、詳しくはわからないけどな・・・」
望  「・・・そうなの?・・・俺・・・お兄ちゃんとセックスしたい。」
宗一郎「!?」
望  「俺、お兄ちゃんが・・・好きだもん。」

うっ。あろうことか俺は嬉しくて股間が反応してしまった。
・・・そうは言っても、そうは言っても・・・駄目だろうそれは・・・。

望  「俺・・・お兄ちゃんのこと考えると・・・ほら、興奮するんだ」

望はそう言って俺の手を自分の股間にあてた。

望  「お兄ちゃんに触ってほしい。」

そして、潤んだ瞳で上目遣いに見られたら・・・俺の理性が・・・。
考えるよりも先に、俺は望の顎に手を添えて唇を重ねていた。

望  「お兄ちゃん・・・」
宗一郎「望、口あけて」

俺は、望の薄い唇を舐めると、口の中に舌を差し入れた。
夢中で舌を躍らせていると望が甘い息を漏らす。

望  「息が・・・でき・・ないよ・・・」
宗一郎「ふっ。・・・鼻でするんだよ」

そしてまた、唇を重ねるとそのまま、そっと望をベッドに押し倒した。



※拍手&ランキングバナーをポチっとしていただけたら嬉しいです♪


小説(BL) ブログランキングへ
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)