FC2ブログ

プロフィール

響瑠

Author:響瑠
ここに書かれている日記は
<妄想>です。
実在する地名・人名・団体名が登場しても、それは偶然ですので、まったく関係ありません。
また、ここに記されている内容はオリジナルですので
著作権は作者にあります。勝手に使用しないでくださいね。
【18禁表現を含みます】


カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


<佳苗の部屋・夕方>
望を抱きかかえたまま、佳苗の部屋に入ると俺は望の顔を覗き込んだ。
その瞳に俺が映ってはいるが、望はどこも見ていない。
蝋人形のような表情のままだ。

宗一郎「ごめんな・・・ごめんな・・・」

俺は望を抱きしめてひとしきり泣いた。
そして、決心した。

宗一郎「俺が、お前を守る。何があってもずっと守るから」

俺は望の何も映していない瞳を見つめてつぶやいた。

宗一郎「愛してるよ望。だけど・・・だから、今からお前は佳苗だ。」

そして、望の・・・
いや、佳苗の着ていた望のパジャマと下着を脱がせた。

宗一郎「佳苗、これから色々なことがある。悲しいことも沢山ある。辛いことも沢山ある。
    だけど、いつでもどんな時でも俺は、・・・おにいちゃんはお前の味方だ。
    だから、おにいちゃんのことを信じてくれ。」

そして、佳苗の下着を着せながら、その下腹部にある小さなペニスを手でそっと包んだ。

宗一郎「これは、望ちゃんの忘れものだ。望ちゃんはここにいる。
いつも佳苗と一緒だ。だから大切にするんだよ。
そして、望ちゃんのことは、佳苗とおにいちゃんだけの秘密だ。」

たった今、生まれたばかりの佳苗は何も言わず、ぴくりとも動かない。
その佳苗の唇にそっと唇を重ねた。

宗一郎「秘密の約束だ。愛してるよ。」



※拍手&ランキングバナーをポチっとしていただけたら嬉しいです♪


小説(BL) ブログランキングへ
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)