FC2ブログ

プロフィール

響瑠

Author:響瑠
ここに書かれている日記は
<妄想>です。
実在する地名・人名・団体名が登場しても、それは偶然ですので、まったく関係ありません。
また、ここに記されている内容はオリジナルですので
著作権は作者にあります。勝手に使用しないでくださいね。
【18禁表現を含みます】


カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


生まれた時、私は双子でした。
でも、3歳の時に高熱を出して生死を彷徨い、
目が覚めると双子の弟である望ちゃんは死んでいました。
そして、望ちゃんは天国に行くのに、
ひとつだけ大切なものを忘れていきました。
お兄様が「それは望ちゃんだ」と言うので、
今でも大切にしていますが、
その望ちゃんのことは誰にも内緒なので、
大好きなお兄様と二人だけの秘密です。
私は、その時の高熱のせいで、
それまでの記憶をほとんど失くしていました。
でも、お兄様が私をとても大切に可愛がってくれたので、
一生懸命生きてきました。

我が家は、長く続く花柳流の華道家の家系です。
花柳流の宗家は代々、女と決まっていて、
年頃になると婿養子をとり、娘を産みます。
花柳家の男子は、娘さえ創ることが出来れば、
どんな職業につこうと、何をしようと自由でした。
母は18歳の時、画家である父を婿養子に迎え、
すぐに妊娠出産をしましたが、それは男の子でした。
12歳違いの宗一郎お兄様です。
それから、なかなか妊娠することが出来ず、
やっと生まれたのが双子の望と佳苗でした。
佳苗は待ちに待ってやっと生まれた女の子でした。
ですから、双子であるにもかかわらず、
男の子の望ちゃんと女の子の佳苗では、
家族の扱いが全然違うものでした。
そのせいか、わずかな記憶をたどると、
お兄様はいつも望ちゃんに優しかったように思います。
佳苗はずっとそれがうらやましかったのです。




※拍手&ランキングバナーをポチっとしていただけたら嬉しいです♪


小説(BL) ブログランキングへ
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)