FC2ブログ

プロフィール

響瑠

Author:響瑠
ここに書かれている日記は
<妄想>です。
実在する地名・人名・団体名が登場しても、それは偶然ですので、まったく関係ありません。
また、ここに記されている内容はオリジナルですので
著作権は作者にあります。勝手に使用しないでくださいね。
【18禁表現を含みます】


カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


<午後・涼の部屋>
ふたり唇を重ねる。何度も何度も・・・・。
俺は隆哉のTシャツを脱がせ、首筋から胸へ舌を滑らせる。
乳首を舌で転がし軽く噛んで舐める。
隆哉の息が少し荒くなってくる。
片手を股間に伸ばすと、すでに硬くなっていた。服の上からそっと撫でまわす。
隆哉「はぁ・・・・・はぁ・・・・はぁ」
そのままベッドに導き、また唇を重ねる。
隆哉のパンツを脱がせると、俺もTシャツとパンツを脱いだ。
生まれたままの姿でふたり見つめ合う。
涼「隆哉・・・本当に、いいの?」
隆哉「ん?何が?」
涼「隆哉のバージン。俺がもらっちゃうよ。」
隆哉「バッ・・・うん。男同士のセックスなんてよくわかんねーけど、
涼と一緒に気持ち良くなりたい。だから、まかせる。」
涼「嬉しい・・・隆哉・・・好きだよ」
俺は夢中で愛撫をした。隆哉の身体の隅々まで。

大きめの枕を半分にして隆哉の腰の下に入れる。
ローションを指ですくい、お尻の穴に塗りながら人差し指と中指をゆっくり差し込む。
ぐりぐりと指を動かしながら隆哉の快感ボタンを探る。
隆哉「ああっ!そこ・・・・」
涼「ここ?ここがいいの?」
隆哉「んっ・・・いい」
了解!心の中で呟きながら、快感ボタンを刺激し、ペニスをほおばる。
隆哉「ああっ・・・はぁ・・・はぁ・・・・んんっ」
だいぶほぐれてきたかな。
涼「隆哉・・・入れていい?」
俺はそう言いながらコンドームの袋を咥える。
隆哉「ああ。・・・なぁ、ゴムつけなきゃだめ?」
涼「ええ?」
隆哉「初めて・・・だから、その・・・涼を生で感じたい」
涼「うっ!」
俺は慌てて自分のペニスを強く握った。
何なに?もうっ!それ、言葉責め?イっちゃうかと思った。
涼「・・・嬉しい」
俺はそう言って、自分のペニスにローションをたっぷり垂らし、
くちゅくちゅと音をたててしごいた。
涼「入れるよ。力抜いてて」
ぬぷっ。
亀頭を一気に差し込んだ。
隆哉「んんっ。」
涼「きっつ・・・大丈夫?」
隆哉「う・・・ん。ちょっと痛い」
涼「うん。じゃぁ、力抜いてゆっくり呼吸してみて。入れるよ」
ズズッ・・・ずずっ・・・
少しずつ隆哉の中に押し入れていく。
隆哉「はぁ・・・はぁ・・・あっ!んんっ・・・はぁはぁ・・・」
涼「はぁ・・・はぁ・・・んんっ。はぁ。全部入ったよ。隆哉ん中あったかい。」
隆哉「ふぅ~。なんか苦しい。俺ん中、涼でいっぱい」
だから・・・言葉責め禁止だってば。
俺は隆哉にキスをした。これ以上言葉責めされたら、俺が先にイっちゃいそうだから。
涼「動くよ。」
俺は隆哉の耳元で囁くと同時に腰を動かした。
ずずずっ・・・じゅぷっ。ずずずっ・・・じゅぷっ。
ゆっくり抜いて一気に突く。
隆哉「ん~~~あっ!」
涼「隆哉、痛い?」
隆哉「ん~痛気持ちいい・・・」
涼「うん。じゃぁ俺の首に腕まわしてみて。少しは楽になると思うから」
そう言うと、キスをしながら腰を小刻みに動かす。
隆哉「はぁ・・・はぁ・・・はぁ。あっ・・んんっ・・・あんっ」
気持ちいい。隆哉ん中ぐちゅぐちゅになってきた。
涼「隆哉・・・・はぁ・・・隆哉、好き。・・・はぁ、好き」
隆哉の耳元で囁きながら、腰を打ち付ける。
隆哉は俺の髪をなでた。それ、弱いんだよなぁ俺。
隆哉「ああっんっ。奥・・・奥に当たってる。・・・ああぁ、いいっ・・・」
隆哉、お尻でちゃんと感じてるんだ。
そう、思ったらもう、抑えもきかなくなってきた。
夢中で腰を動かし、キスをする。
隆哉「んっ・・・んんっ。涼・・・涼・・・っもちイイ・・・あぁ・・・」
涼「ふんっ・・・俺も・・・はぁ・・・はぁ・・・」
隆哉「・・・っもちイイ・・・はぁ・ん・・なんか変に・・・なりっそ・・うっ」
隆哉のペニスはビンビンに勃起していて、先端からは先走りの液体が光っている。
そこにのばしかけた隆哉の手を掴んで指を絡めベッドに押し付ける。
涼「隆哉・・・お尻で感じて・・・はぁ・・・隆哉ん中の俺を感じて・・・」
隆哉「涼・・・はぁんっ・・・んんっ・・・ふう・・あっ、ぁつ・・・ヤバイ!イきそう」
俺の動きに合わせて隆哉が腰を押しつけてくる。
隆哉の中がきゅうっと締まって俺のペニスを強く掴んでくる。
涼「はぁ!隆哉すっごい締まる。はぁはぁ・・・イって、俺を感じてイって」
隆哉「涼・・・涼・・・ああっん・・・いくっ・・・イクッ!ああぁ!!」
ビクンビクンと全身を跳ねながら達する隆哉の顔を見て俺もイった。
涼「ふぅンっ!」
二人とも肩で息をしながら抱き合ってキスをした。
涼「隆哉、気持ちよかった?・・・好きだよ」
隆哉「ああ。・・・気持ちよかった・・・」

涼「・・・じゃぁ、今度はバックでする?」
隆哉「えっ!?・・・マジか?」
涼「うん。キスしたらまた勃ってきちゃった」
隆哉「ええぇーーーーーー!?」

こうして二人は暗くなるまで、何度も愛しあった。



※このシーン好きだわ♪って思っていただけたら「ポチ」としてください。


小説(BL) ブログランキングへ
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)