FC2ブログ

プロフィール

響瑠

Author:響瑠
ここに書かれている日記は
<妄想>です。
実在する地名・人名・団体名が登場しても、それは偶然ですので、まったく関係ありません。
また、ここに記されている内容はオリジナルですので
著作権は作者にあります。勝手に使用しないでくださいね。
【18禁表現を含みます】


カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


【別冊:まだ見ぬ景色】10 ~その頃、このふたりは・・・?~

<僕の天使ちゃん③> ←をクリックすると本編の「その頃」が開きます。


彰仁が目を覚ますと、ニコニコと微笑む湊と目が合った。
カーテンの外は既に明るくなっている、湊のベッドの中だ。
寝ぼけ眼を、パチパチとしばたかたせながら湊をみた。

彰仁 「祥くん・・・おはよ。」
湊  「おはよう。僕の天使ちゃん。」
彰仁 「・・・!?」

「ん?・・・俺、寝ぼけてるのか?・・・天使って・・・夢?」

そんな彰仁の心の声が聞こえたのか、湊は彰仁の髪を白くて細い指で梳きながら顔を覗き込む。

湊  「夢やないで。ずっとアキの寝顔みてた。」
彰仁 「・・・なんで?」
湊  「可愛いから・・・幸せ噛みしめとった。」

そして、少しずつ覚醒してきた彰仁は夕べのことを思い出した。

「あっ。・・・俺、祥くんに告って・・・うわっ。」

急に恥ずかしさがこみ上げて、布団の中にもぐりこんだ。

湊  「どないしたん?」
彰仁 「・・・夕べ・・・俺、気失った・・・?」
湊  「そうや。・・・そのまま眠ってしもたから、ちょっと心配やったけど、ちゃんと寝息して気持ちよさそうやったから、そのまま寝かしたんやけど。」

「うわぁ・・・うわっ・・・恥ずかしい。どうしよう。あんなに俺・・・」

湊  「なんや、顔見せてえな。アキ・・・もしかして、夕べのやっぱり嫌やったん?男にされんのは気持ち悪かったん?」
彰仁 「ちっ、違うよ。・・・でも、嫌だった。」
湊  「え!?」

湊は慌てて布団を剥ぐと、潜っている彰仁の顔を見つめた。

湊  「嫌・・・やったん?」
彰仁 「・・・だって、・・・俺ばっかり・・・なんども・・・」
湊  「それは、ええやんか。僕がアキを気持ちよくさせたかったんやから。」
彰仁 「だって・・・恥ずかしいじゃん。・・・祥くんは服着たままだし普通だし。」

真っ赤になりながらムキになって抗議する彰仁が可愛くて、湊はその唇を塞いだ。

彰仁 「んんっ・・・はぁ・・・・ず・・・るい・・よぉ・・・あんっ・・・」
湊  「アキ、可愛い。・・・僕だって普通やなかったで。そやけど・・・・・」
彰仁 「・・・だけど、何?」

彰仁はくりくりっとしたまあるい瞳で湊をみつめる。

湊  「僕な、アキんこと大事にしたいねん。そんな急に色々したらアキ壊れてまうやろ。」
彰仁 「え・・・?・・・そうなの?」
湊  「ほらな。アキは、男同士でエッチするんがどういうんか、よう知らんやろ?」
彰仁 「・・・うん。・・・女の子とも・・・したことないけど。」
湊  「えぇ!?・・・そうなんや?」
彰仁 「うん。」

「マジか・・・ほんま、夕べ手出さんとよかった。・・・修行僧並みの試練やったけどな。」

湊は、夕べのことを振り返りながら、冷や汗を拭った。

射精をせき止められた彰仁は、この上ないほど乱れた。
瞳を潤ませ半開きの唇からはキラキラ光る唾液が溢れ、身体をビクビクっと痙攣させながらイかせてと懇願する姿が、湊はたまらなく愛しくて執拗に愛撫したのだ。
何度目かの絶頂を迎えた時に、そこを開放すると彰仁は甘美の声をあげて達し、そのまま意識を手放したのだ。
彰仁が感じやすい敏感な体質なのだと察し嬉しかったが、このまま彰仁を抱いたら壊わしてしまいそうだと思ったのだ。

湊  「アキ、好きやで。そやから、少しずつしよな。」
彰仁 「少しずつ・・・?」
湊  「そうや。・・・僕、アキがほんま大事やねん。そやから少しずつ愛し合おうな。」

彰仁は湊の、愛し合おうな・・・という言葉が嬉しくて、そして恥ずかしくて湊の胸に顔を埋めた。

彰仁 「うん。・・・祥くん・・・大好き。」



別冊:まだ見ぬ景色 Fin



~。。~**~。。~**~。。~**~。。~**~。。~**~。。~**~。。~**~。。~**

取りあえず、まだ見ぬ景色(前編)の番外編はここまでです。
このふたり、まだ最後までいってないんですね~湊がちょっとへんた・・いえいえ、ちょっと変わり者なんで。このふたりのことも見守っていただけたらと思います。

本当はGW中、楽園の番外編でも書こうと思っていたのですが、発熱して寝込んでしまった為断念。ちょっと休んで、まだ見ぬ景色(後編)に行こうと思います。
よろしくお願いいたします。



※拍手&ランキングバナーをポチっとしていただけたら嬉しいです♪


小説(BL) ブログランキングへ
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村





スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)