FC2ブログ

プロフィール

響瑠

Author:響瑠
ここに書かれている日記は
<妄想>です。
実在する地名・人名・団体名が登場しても、それは偶然ですので、まったく関係ありません。
また、ここに記されている内容はオリジナルですので
著作権は作者にあります。勝手に使用しないでくださいね。
【18禁表現を含みます】


カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


<光のアパート・午後>

紫苑は、光のアパートの外階段に腰掛けて、どこまでも青い空を見ていた。

紫苑は一年前、好きでもない女たちを何人も抱いてきた。
ただ、女を抱けるのだということを証明したくて。
だけど、たとえ性欲のままに身体を重ねても、心が満たされることはなかった。
だから、同じ女を2度抱くことはなかった。
そんなことを繰り返しているうちに、自分がどんどん嫌になっていった。
自分は誰かを好きになることなんて出来ないのだと思っていた。
・・・そして、光と出逢った。
男を好きになることをあれほど拒んでいたのに、どんどん魅かれていった。
そして心を通わせ身体を重ねた。

確かにあの人も俺を求めていた。そう確信していたのに。
でもそれは、俺の思いあがりだったというのか・・・?

あの人のことだから、何か理由があるのかもしれない。
でも、「俺、美郷ちゃんと付き合うことにしたから」光は確かにそう言ったのだ。
あの人は、俺みたいに遊びで女を抱くことなんてできない。
じゃぁ、美郷のことが本気で好きだと言うのか?
夕べ、見た限りではそんな様子はなかった。それなのに一晩で何が変わったというのだ?

紫苑は大きなため息をついた。


<街・午後>

光は美郷を送ったあと、ガンガンと響く頭痛を堪えながら自分のアパートに向かって、足早に歩いていた。

紫苑、怒ってるやろな・・・。
もう俺、嫌われてしもたな。軽蔑されたやろか?
なんで、こんなことになってしもたんやろ。

光は紫苑のことを想うと、溢れ出る涙を抑えることが出来なかった。
大きな瞳から、ぽろぽろと雫が零れ落ちる。胸が痛くて苦しくて右手で心臓を押さえながら、下を向いて歩いた。

俺、こんなに紫苑のことが好きやのに。紫苑とずっと一緒にいたいのに。
なんでや?なんで、美郷ちゃんとそんなことになったんやろ?
確かに夕べはアルコールのまわりが早かったけど、酔ってたからってラブホ泊ろうとか俺、ほんまに言ったんやろか?ラブホなんて泊ったこともないのに。
ほんまに美郷ちゃんとエッチしたんやろか?
でも・・・美郷ちゃんがした言うなら、したんやろな。
まったく覚えとらんなんて、最低な男や。ちゃんと責任とらなあかんねん。

紫苑にも、ちゃんとあやまらなあかんな。
許してくれるやろか?バンドは続けてくれるやろか?
紫苑・・・紫苑、紫苑、紫苑、紫苑・・・好きや。
・・・苦しい。

空はこんなに青いのに、遠くで雷鳴が低く響いている。
光は、そっと顔をあげてあたりを見渡すと、遠くの空が真っ暗になっていた。
その闇が自分を襲ってくるような恐怖を感じて、光は身体を固くした。

あかん。はよ帰ろう。

光は痛む胸を押さえながら走り出した。


<光のアパート・午後>
光が息を切らしてアパートにたどり着くと、外階段に紫苑が座っていた。

光  「紫苑・・・?」
紫苑 「おかえりなさい。」
光  「・・・なんで?」

それには何も答えず、紫苑は立ちあがってお尻の汚れをはたいた。
その瞬間、近くで大きな雷鳴が響いた。

光は驚き、目を閉じて呼吸を止めてしまった。
走ってきて乱れていた呼吸を、一瞬で止めてしまったことで、呼吸の仕方がわからなくなる・・・過呼吸になるときのパターンだ。
不安に襲われ、カタカタと震えだした光を、紫苑が抱きしめた。

紫苑 「光さん?」
光  「・・・」
紫苑 「早く、部屋にはいりましょう。」

紫苑はそう言うと、光を抱きかかえるようにして階段を登り、光のジーンズのポケットから鍵を取り出して玄関の扉を開けた。
柚子が玄関まで迎えに来て、主を心配そうに見上げて鳴く。

部屋に入ると、紫苑はもう一度光をぎゅうと抱きしめた。
光は少しずつ、呼吸のリズムをとりもどしていく。

紫苑 「光さん?大丈夫ですか?」
光  「・・・紫苑、ごめんな。・・・俺・・・。」
紫苑 「今は、・・・何も言わなくていいです。」

紫苑は光に薬箱の場所を聞き、光をベッドに座らせて、水と薬を持ってきた。
光はその薬を掌で受け取ると、一瞬電極が繋がったように、夕べの一場面を思い出した。

そうや、ゆうべこんな風に美郷ちゃんから薬を受け取って飲んだ・・・。
・・・カラオケボックスやったやろか?・・・ホテルやったのやろか?

しかし、それ以上は思い出せそうもなく、かわりに頭痛が更に酷くなっていくようだった。

光  「・・・紫苑。」
紫苑 「このまま、眠ってください。雷が聞こえなくなるまでここにいますから。」

光はどうしても紫苑の目を見る事が出来ない。
ベッドに横になりながら紫苑の腕を引っ張ると、紫苑は黙って隣に横になり光を抱きしめる。
光は紫苑の体温を感じながら、あっという間に深い眠りに落ちていった。




※拍手&ランキングバナーをポチっとしていただけたら嬉しいです♪


小説(BL) ブログランキングへ
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)