FC2ブログ

プロフィール

響瑠

Author:響瑠
ここに書かれている日記は
<妄想>です。
実在する地名・人名・団体名が登場しても、それは偶然ですので、まったく関係ありません。
また、ここに記されている内容はオリジナルですので
著作権は作者にあります。勝手に使用しないでくださいね。
【18禁表現を含みます】


カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


<早朝・車中>
一通り挨拶をして助手席に乗り込むと車はすぐに走り出した。
隆哉「でかいね、この車。外車だし。涼ん家の?
涼「じいちゃんの。うちのじいちゃん、ちょっと変わっててさ、
これから行く別荘も、じいちゃんが趣味で建てた家だから」
隆哉「まじ?すげぇな。」
よかった。涼、いつも通りだ。
美和子「ちょっと、隆哉焦げてるけど、夏休み何してたのよ?」
隆哉「焦げてるって、ひでぇな。走りこんでたんだよ。」
美和子「まじで?大会あるわけでもないのに、リキはいってるじゃん」
隆哉「家にいても、もやもやするだけだしな。身体動かしてた方が性にあってるんだよ」
美和子「なるほど。あっ!そう言えば留美ちゃんに振られたんだって?」
俺は一瞬、涼の顔を見たが、無言で首を振っている。
隆哉「なんで、知ってるんだよ。ってか振られてねーし」
美和子「街でばったり会っちゃってさ。男連れだったから誰だろうと思ったら
彼氏です!ってあっけらかんって笑ってた。」
隆哉「・・・まぁ、セフレだったし、そんなもんだろうよ」

車中では、それぞれ夏休みに入ってから1週間の報告会になった。
途中、昼食をとったり寄り道しながら目的地に向かった
どこに行っても、大騒ぎしているのはだいたい俺と美和子で
涼と佳苗は笑いながら後ろから歩いてくる。
今日はそんなパターンが多かった。
なんだか、ダブルデートみたいで・・・嫌だな。



※このシーン好きだわ♪って思っていただけたら「ポチ」としてください。


小説(BL) ブログランキングへ
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)