FC2ブログ

プロフィール

響瑠

Author:響瑠
ここに書かれている日記は
<妄想>です。
実在する地名・人名・団体名が登場しても、それは偶然ですので、まったく関係ありません。
また、ここに記されている内容はオリジナルですので
著作権は作者にあります。勝手に使用しないでくださいね。
【18禁表現を含みます】


カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


<光の家・昼>

光  「なぁ、柚子~。あいつ、お前と同じ瞳の色してたで。親戚なん?」

光は自分のベッドにごろんと横になり子猫を抱き上げると、鼻先を擦りつけてキスをした。

光  「柚子かと思って、あいつにチューしてもうた。」
柚子 「にゃぁ~」

光はライブ翌日の朝、寝ぼけて紫苑にキスしてしまったことがどうにも恥ずかしくて、湊の家から逃げるように帰ってきた。

光  「あいつ・・・ええ音出すねん。あんな無愛想な顔してんのに、優しくて透き通った音出すんや。・・・亮太とは全然ちゃうのに。俺・・・気持ちよかったんや・・・。」

シルバーの毛に覆われた子猫は紫色の瞳で光を見つめて小首を傾げた。

光  「しばらくサポートしてくれるらしいけど、ほんまはLumie`re (リュミエール)に欲しいんや、あの音。スイートポテトのマンスリーライブ、これで道筋つけて飛ばな、後がないねん。たぶん、あいつ以上のベースはおらん。暁は上手いけど俺あんなん気持ちよく歌えんかったし。・・・なぁ、柚子どう思う?」
柚子 「にゃぁ」
光  「あいつ無表情で、何考えとるんかちっともわからん。メンバーにはなりとうないって・・・。あの湊でも落とせんかったんやで?どうしたらええんやろな?・・・欲しいなぁ、紫苑・・・。」

光が仰向けに寝ている自分の胸に柚子を乗せると、柚子はそのまま小さく丸くなった。

光  「・・・そやけど、なんでやろう?あいつといるとペース乱されてばかりや。大丈夫やろか俺・・・。」

光は紫苑の唇の感触を思い出し、慌てて手の甲で唇を擦る。

光  「俺の唇奪いやがって・・・まだ、2回目やったのに・・・」



※拍手&ランキングバナーをポチっとしていただけたら嬉しいです♪


小説(BL) ブログランキングへ
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)