FC2ブログ

プロフィール

響瑠

Author:響瑠
ここに書かれている日記は
<妄想>です。
実在する地名・人名・団体名が登場しても、それは偶然ですので、まったく関係ありません。
また、ここに記されている内容はオリジナルですので
著作権は作者にあります。勝手に使用しないでくださいね。
【18禁表現を含みます】


カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


<湊の家・夜>
なんやねん!なんやねん!なんやねん!・・・なんやねんなあいつ・・・俺に何した?

ライブ終了後、Lumie`re (リュミエール)のメンバーは湊の家に集まっていた。
湊のマンションは、一人暮らしにしてはかなり広い。
みんなが集まっているリビングの他に、ベッドルームとゲストルーム。なぜかゲストルームは和室だったりする。そのほか衣裳部屋と楽器部屋。もちろんそこは防音だ。
同じマンション内には、芸能人なども住んでいたりするお洒落なマンションなのだ。
湊は手際よく打ち上げのおつまみを料理している。
彰仁はその手伝いをしているが、あまり役にたっているとも思えない。
晴樹はソファーにどっかりと座り、光はその前をうろうろしていた。

なんであいつキスしおったんやろ?・・・キスちゃうんかな?・・・はずみでぶつかっただけやったりするんかな?・・・そんなあほな。・・・ちゃうやろあれは、絶対わざとや。でも、なんでやねん。

光はライブの興奮が治まってくるにしたがって、紫苑のことで頭がいっぱいになっていた。

晴樹 「もも、どないしたん?さっきから赤くなったり青くなったり挙動不審やで?」
光  「え?・・・いや、なんも。」
湊  「くくっ。もも?紫苑くん、今お店出たって。」
光  「紫苑!?あいつも呼んだんか?」
湊  「当たり前やんか。今日のライブの成功は、彼の力が大きいやろ。」
晴樹 「そうやな。あんなん気持ちよくギター弾いたんは久しぶりやったな。」
彰仁 「俺も、あの曲の苦手だったリズムのところ、すっごく叩きやすかった。」
湊  「紫苑くんがリズムリードしてくれたからね。でもアキ、そこはちゃんと練習せなあかんで。」
彰仁 「はぁい。」
晴樹 「ほな、俺ちょっと迎えに行ってくるわ。」
湊  「あぁ、よろしく。」

紫苑が来る?光は焦っていた。

なんで来んねん。どんな顔して来んのや?
ライブの本番中にキスするってどういことやねん。しかもあいつも俺も男やで。
そう言えば、その前にあいつ何か言いおった。
「こっちに・・こい?」だと思ったんやけど・・・やっぱり近づかせてキスするつもりやったんか?
人んことオカマよばわりしおったくせに、キスするってどういうことやねん。
変態なんかな?どんな顔して、会うたらええねん。

光は頭の中をぐるぐるさせて、顔は百面相状態だ。
湊はそんな光をみて、おかしくてしかたがない。

湊  「紫苑くんて、今までみたことないタイプやね。」
光  「ん!?・・・なんやって?」
湊  「くくっ。だから、紫苑くん。なかなかええ男やなって思って。」
光  「紫苑がええ男?んなことあるかいな。」
彰仁 「すっごく堂々としてるし、ベース弾いてるところカッコよかったよね。」
湊  「ん?・・・アキは紫苑くんみたいな人がタイプなん?」
彰仁 「えぇ?そういうわけじゃないけど・・・ていうか俺、女じゃないし。」
湊  「ふぅ~ん。ももは?」
光  「はぁ?何言うてんねん。タイプなわけあるか。俺も女やないし。」
湊  「ふふっ。・・・そやけど音、良かったやろ?」
光  「・・・そやな。ええ音やったわ。」
湊  「そうやろ。Lumie`re (リュミエール)に欲しいなぁ、あの音。」
光  「そやな・・・はっ!?・・・な、何言わせんねん!」
湊  「自分で言うたんやないか。人のせいにすなっ。」
光  「・・・」
湊  「くくっ。ほんまはもも、気にいってるんやろ?」
光  「・・・気にいらん。あの態度が嫌や。」
湊  「そんなん、人見知りなだけかもしらんやんか。・・・運命な気すんねん。」
光  「なんや、運命って?」
湊  「あの曲、偶然ライブハウスで聴いて気に入って、あんな上手く弾けるようなって。今日のあの場所におったんやで。こんな偶然あらへん。これ必然やと思うわ。」
彰仁 「俺も、最初音源かけたとき、いきなりベース弾きだしてむちゃくちゃ上手で鳥肌たったよ。」
湊  「・・・僕も、興奮したんや。」
光  「・・・」

ピンポーン

晴樹 「俺や。」

湊はリモコンでロービーの扉を解除した。




※拍手&ランキングバナーをポチっとしていただけたら嬉しいです♪


小説(BL) ブログランキングへ
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)