FC2ブログ

プロフィール

響瑠

Author:響瑠
ここに書かれている日記は
<妄想>です。
実在する地名・人名・団体名が登場しても、それは偶然ですので、まったく関係ありません。
また、ここに記されている内容はオリジナルですので
著作権は作者にあります。勝手に使用しないでくださいね。
【18禁表現を含みます】


カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


<午後・涼の部屋>
ふたり唇を重ねる。何度も何度も・・・・。
俺は隆哉のTシャツを脱がせ、首筋から胸へ舌を滑らせる。
乳首を舌で転がし軽く噛んで舐める。
隆哉の息が少し荒くなってくる。
片手を股間に伸ばすと、すでに硬くなっていた。服の上からそっと撫でまわす。
隆哉「はぁ・・・・・はぁ・・・・はぁ」
そのままベッドに導き、また唇を重ねる。
隆哉のパンツを脱がせると、俺もTシャツとパンツを脱いだ。
生まれたままの姿でふたり見つめ合う。
涼「隆哉・・・本当に、いいの?」
隆哉「ん?何が?」
涼「隆哉のバージン。俺がもらっちゃうよ。」
隆哉「バッ・・・うん。男同士のセックスなんてよくわかんねーけど、
涼と一緒に気持ち良くなりたい。だから、まかせる。」
涼「嬉しい・・・隆哉・・・好きだよ」
俺は夢中で愛撫をした。隆哉の身体の隅々まで。

大きめの枕を半分にして隆哉の腰の下に入れる。
ローションを指ですくい、お尻の穴に塗りながら人差し指と中指をゆっくり差し込む。
ぐりぐりと指を動かしながら隆哉の快感ボタンを探る。
隆哉「ああっ!そこ・・・・」
涼「ここ?ここがいいの?」
隆哉「んっ・・・いい」
了解!心の中で呟きながら、快感ボタンを刺激し、ペニスをほおばる。
隆哉「ああっ・・・はぁ・・・はぁ・・・・んんっ」
だいぶほぐれてきたかな。
涼「隆哉・・・入れていい?」
俺はそう言いながらコンドームの袋を咥える。
隆哉「ああ。・・・なぁ、ゴムつけなきゃだめ?」
涼「ええ?」
隆哉「初めて・・・だから、その・・・涼を生で感じたい」
涼「うっ!」
俺は慌てて自分のペニスを強く握った。
何なに?もうっ!それ、言葉責め?イっちゃうかと思った。
涼「・・・嬉しい」
俺はそう言って、自分のペニスにローションをたっぷり垂らし、
くちゅくちゅと音をたててしごいた。
涼「入れるよ。力抜いてて」
ぬぷっ。
亀頭を一気に差し込んだ。
隆哉「んんっ。」
涼「きっつ・・・大丈夫?」
隆哉「う・・・ん。ちょっと痛い」
涼「うん。じゃぁ、力抜いてゆっくり呼吸してみて。入れるよ」
ズズッ・・・ずずっ・・・
少しずつ隆哉の中に押し入れていく。
隆哉「はぁ・・・はぁ・・・あっ!んんっ・・・はぁはぁ・・・」
涼「はぁ・・・はぁ・・・んんっ。はぁ。全部入ったよ。隆哉ん中あったかい。」
隆哉「ふぅ~。なんか苦しい。俺ん中、涼でいっぱい」
だから・・・言葉責め禁止だってば。
俺は隆哉にキスをした。これ以上言葉責めされたら、俺が先にイっちゃいそうだから。
涼「動くよ。」
俺は隆哉の耳元で囁くと同時に腰を動かした。
ずずずっ・・・じゅぷっ。ずずずっ・・・じゅぷっ。
ゆっくり抜いて一気に突く。
隆哉「ん~~~あっ!」
涼「隆哉、痛い?」
隆哉「ん~痛気持ちいい・・・」
涼「うん。じゃぁ俺の首に腕まわしてみて。少しは楽になると思うから」
そう言うと、キスをしながら腰を小刻みに動かす。
隆哉「はぁ・・・はぁ・・・はぁ。あっ・・んんっ・・・あんっ」
気持ちいい。隆哉ん中ぐちゅぐちゅになってきた。
涼「隆哉・・・・はぁ・・・隆哉、好き。・・・はぁ、好き」
隆哉の耳元で囁きながら、腰を打ち付ける。
隆哉は俺の髪をなでた。それ、弱いんだよなぁ俺。
隆哉「ああっんっ。奥・・・奥に当たってる。・・・ああぁ、いいっ・・・」
隆哉、お尻でちゃんと感じてるんだ。
そう、思ったらもう、抑えもきかなくなってきた。
夢中で腰を動かし、キスをする。
隆哉「んっ・・・んんっ。涼・・・涼・・・っもちイイ・・・あぁ・・・」
涼「ふんっ・・・俺も・・・はぁ・・・はぁ・・・」
隆哉「・・・っもちイイ・・・はぁ・ん・・なんか変に・・・なりっそ・・うっ」
隆哉のペニスはビンビンに勃起していて、先端からは先走りの液体が光っている。
そこにのばしかけた隆哉の手を掴んで指を絡めベッドに押し付ける。
涼「隆哉・・・お尻で感じて・・・はぁ・・・隆哉ん中の俺を感じて・・・」
隆哉「涼・・・はぁんっ・・・んんっ・・・ふう・・あっ、ぁつ・・・ヤバイ!イきそう」
俺の動きに合わせて隆哉が腰を押しつけてくる。
隆哉の中がきゅうっと締まって俺のペニスを強く掴んでくる。
涼「はぁ!隆哉すっごい締まる。はぁはぁ・・・イって、俺を感じてイって」
隆哉「涼・・・涼・・・ああっん・・・いくっ・・・イクッ!ああぁ!!」
ビクンビクンと全身を跳ねながら達する隆哉の顔を見て俺もイった。
涼「ふぅンっ!」
二人とも肩で息をしながら抱き合ってキスをした。
涼「隆哉、気持ちよかった?・・・好きだよ」
隆哉「ああ。・・・気持ちよかった・・・」

涼「・・・じゃぁ、今度はバックでする?」
隆哉「えっ!?・・・マジか?」
涼「うん。キスしたらまた勃ってきちゃった」
隆哉「ええぇーーーーーー!?」

こうして二人は暗くなるまで、何度も愛しあった。



※このシーン好きだわ♪って思っていただけたら「ポチ」としてください。


小説(BL) ブログランキングへ
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
[PR]

| BLOG TOP |
<午後・風呂>
まだ陽も高いというのに、二人でお風呂に入った。
隆哉の裸体を明るいところで見るのは初めてだし、俺のを見られるのも初めてだ。
なんだか恥ずかしくて、お互い照れ隠しに他愛もないことを話しながら身体を洗った。
まあるい湯船に入るとジャグジーの細かい泡が足にまとわりついてくすぐったい。

どちらともなく抱き合ってキスをした。
舌を深く絡めると吐息が漏れる。
隆哉「んっ・・・」
俺は隆哉の首筋に舌を這わせる。
皮膚を少ずつついばみながら、首筋から胸へ、乳首へ腹へそして・・・
だんだんと下へ下がり、隆哉のペニスを握ってその先端をぺろぺろと舐める。
隆哉「ふっ・・・」
ぴちゃ・・・くちゅくちゅ・・・ぴちゃぴちゃ・・・

涼「隆哉、そこの出窓に手をついて、片足を湯船のへりにあげてみて」
隆哉「え?・・・こう?」
涼「うん。お尻を少し突き出して」
俺は、突き出された隆哉のお尻を手のひらで揉んでみた。形のいいお尻だなぁ。
お尻のほっぺを舌で舐めまわす。
両手でその中央にあるつぼみを少し強く押し広げた。
隆哉「んっ!」
押し広げたつぼみを舌の先でつつき、全体を舐める。
ぴちゃ、ぴちゃ・・・
隆哉「あはっ・・・はっ・・・」
隆哉ってお尻の感度いいかも。
少し柔らかくなったつぼみの真中の穴に、人差し指をぐいっと入れる。
隆哉「はんっ」
ぐりっぐりっと指を回しながら出し入れする。
もう片方の手で隆哉のペニスをしごくと、ビクッビクッと反応している。
俺はお尻の指をもう一本増やして差し込む。
隆哉「んんっ・・・ふぅ・・・はぁ」
その2本の指を離して穴を少し広げてみる。
狭いな・・・。
涼「隆哉のピンク色のつぼみ、良く見える。綺麗だ」
隆哉「はぁ・・な・恥ずかしいだろっ・・・んっ」
涼「大丈夫。恥ずかしさなんて忘れるくらい気持ちよくしてあげるから」
隆哉「ばっ。お前も気持ち良くならなきゃ意味ないだろ」
涼「もちろんさ。続きはベッドでしようか?」



※このシーン好きだわ♪って思っていただけたら「ポチ」としてください。


小説(BL) ブログランキングへ
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村



| BLOG TOP |
<昼・別荘>
別荘に着くと誰もいなかった。
隆哉「あれ~ふたりとも、どこ行っちゃったんだ?屋上かな?見てくるわ」
俺は、ある予感がしていた。自分の部屋を見渡すと枕の位置が少しずれている。
それをどけるとメモがあった。
「予想より早く見つかっちゃったみたい。先に帰るね。楽しかったよ。ありがと。
隆哉と進展できるといいね。佳苗」
そうかぁ~早かったな。
隆哉「涼~屋上にもいないぞ~。あっ、美和子からメール入ってる」
リビングに降りてきた隆哉は携帯を充電しながらメールを読みあげた。
隆哉「佳苗のお兄さんが迎えにきたので一緒に帰ります。私一人残ってもね~。
あとは二人でよろしくやってくださいな♪美和子。だってさ~」

涼「・・・・」
隆哉「涼?どうかしたのか?」
涼「・・・今から支度して出れば夜には帰れるな」
隆哉「はぁ?俺たちも帰るの?いいじゃんまだ予定日数あるんだから。
ふたりでよろしくやろうぜ」
涼「・・・無理だよ。・・・限界・・・」
隆哉「無理ってなだよ?限界って?」
涼「隆哉と二人っきりで何日もなんて無理だって!!」
俺は、混乱していて少し大きな声をだしていた。
隆哉「俺と二人っきりは無理ってどういう意味だよ!
今すぐ帰りたいほど・・・俺と一緒はそんなに嫌なのかよ!」
隆哉が怒りだしたのでますます取り乱した。
涼「違う!また、夕べみたいなことになっちゃうから!駄目なんだよ!」
隆哉「はぁ!?涼は昨日のこととか嫌々だったわけ?ばっかじゃねーの!勝手にしろよ!」
部屋を出て行こうとする隆哉の背中を見たら、涙が出てきた。

涼「好きなんだ!!」

このまま会えなくなってしまうのは、絶対に嫌だ。どうしてもひきとめたかった。
友達としてでも、ずっと一緒にいたかった。
でも、それさえ許されないなら・・・もう、やけくそだった。
隆哉は背を向けたまま立ち止り、動かなかった。
涼「俺・・・隆哉のことが好きなんだ。男なのに・・・キモイとか思うかもしれないけど。
だから、ふたりっきりで一緒にいたら俺・・・
きっと、がまんできなくなる。いつだってキスしたかったし、セックスしたかった。
そのくせ、留美ちゃんのかわりのセフレじゃ嫌なんだ。
だけど、そんなこと言ったらお前ともう、友達でもいられなくなるだろ。
一緒にいられなくなちゃうだろ・・・」
声が震えていた。
涼「だから・・・」
振り返って駆け寄ってきた隆哉に胸ぐらをつかまれた。
殴られるのかと思い、目を閉じると・・・
涼「!?」
キスされた。
唇をこじ開けて舌を入れてくる。深く強く。
俺は夢中で応えた。
涼「・・・んっ・・・ふっ」

そっと、唇が離れると強く抱きしめられた。
隆哉「俺も・・・たぶん、涼が好きだ。」
涼「たか・・・や・・・?」
隆哉「自分でもよくわからないんだよ。
俺、涼に彼女がいたって知った時、なんだかショックだったんだ。
ずっと涼とエッチなことって結びつかなくて・・・勝手に涼のイメージ作ってたのかも。
でも、あの日・・・涼にエロいことされてからずっと身体が疼いてて・・・。
昨日もすごく気持ちよかったし、嬉しかった。
それに、相手の気持ちいい顔が見たいなんて思ったの初めてで、・・・涼は男なのに・・・
だけどさっき、涼は後悔しているみたいなこと言われてショックだった。」
涼「・・・」
隆哉「でも、たぶん、こういうのが好きって気持ちなんじゃねーかって思うから・・・」
俺は嬉しくなって隆哉にキスした。
さっきより、もっともっと深く激しく熱く・・・。
隆哉「・・・はぁ・・・んふっ・・・」
涼「んんっ・・・・はぁ・・・」
そっと唇を離して隆哉を見つめると
隆哉「ばっか。チンコ勃っちっただろ」
涼「俺も・・・一緒にお風呂入る?」
隆哉「まったく、急に積極的だな。ははつ」
涼「だって、嬉しいんだ」
夢みたいだ。隆哉とキスできるなんて。
今度は嬉しくて涙が出てきた。
隆哉はその涙を指ですくって、俺の頭を引き寄せてまたキスしてきた。
好きな人とするキスって気持ちいい。



※このシーン好きだわ♪って思っていただけたら「ポチ」としてください。


小説(BL) ブログランキングへ
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村



| BLOG TOP |
<午前・車中>
俺は正直戸惑っていた。
夕べは隆哉が隣で寝ていると思うと興奮して眠れなかった。
隆哉の横顔を見つめながらこっそりオナニーしてたら
いきなり寝がえりをうって目を開けるから驚いた。
そして、俺も眠れないからしてやるって・・・。
俺はゲイだ。そして隆哉が好きだ。だから隆哉に触れたいと思う。
でも、隆哉はノンケだし、隆哉にとって俺は友達なのに、
なぜそんなことしてくれるのだろう?
セフレの留美ちゃんと別れて欲求不満なのか?俺をその代用としているのだろうか?
隆哉は性に対してとてもオープンだし、気持ちよければいいとか言ってたし。
男でも女でも関係ないのだろうか・・・?
夕べみたいなことは、夢のようで嬉しいけど、俺は隆哉の身体だけが欲しいわけじゃない。
セフレになんかなりたくない。隆哉の心が欲しいんだ。
だから・・・辛すぎる。こんなことが続けば俺は、もっと隆哉を求めてしまう。
今ならまだ、性欲処理の悪乗りくらいで高校最後の夏休みの思い出に出来る・・・。
隆哉を失いたくない。たとえ友達としてでも、ずっと一緒にいたい。
もう、大切な人と会えなくなるのは二度と嫌なんだ・・・。

隆哉「涼?・・・涼!?青だぞ!」
涼「えっ!?」
隆哉「大丈夫か?さっきからぼぉ~っとしてるけど」
涼「あ、あぁ。」
隆哉「何考えてるんだよ」
涼「えっ?・・・いや、昨日、車屋にいたおばちゃんはきっと、
じいちゃんの仕込みだなぁって思って。まったく!」
隆哉「何それ?」
涼「さっき、車屋のおじさんに聞いたら、あのおばちゃん奥さんじゃないって。
たまに電話番お願いしてるだけみたい。あのホテルのオーナーらしいよ」
隆哉「まじか?それでサービス券とか持ってたわけ?
でも、結局無料じゃ儲からないのにな?」
涼「じいちゃんの罠さ。旅行中、車屋へ行け。行くときは必ず好きな子と一緒に行けって言われてたんだ。」
隆哉「はぁ?まじで?それであのおばはん、あんなに泊めることに必死だったわけね。」
涼「たぶん・・・」
隆哉「涼のじいちゃんって、まじ変わってるな~ははっ。俺で、残念がってただろうな~。」
涼「あぁ。」
そうでもないけどな。じいちゃんは俺がゲイなこと知ってるし、
たぶんちゃんと好きな人連れて行ったこともわかってるはずだからな・・・・


隆哉「そろそろ着くな。泊るって言ったきり、携帯充電切れちゃったから、あいつら心配してるだろな」



※このシーン好きだわ♪って思っていただけたら「ポチ」としてください。


小説(BL) ブログランキングへ
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村



| BLOG TOP |
部屋を出ると慌てて手に持っていたタオルを咥え、ジーンズのボタンを外し
ジッパーを下ろしながらトイレに飛び込んだ。
ビンビンに勃起しているペニスを取り出し、便器に向けると同時に勢いよく射精した。

涼「んんっ」

ビクンビクンと身体が痙攣した。
さっきまで隆哉の快感ボタンを刺激していた指でペニスの先をなぞり、
更にしごきながら精液をすべて出し切った。

タオルを口からはずし、水を流す。
タオルを咥えてなかったら、隆哉の部屋まで響くほど快感の声をあげていたに違いない。

涼「はぁ。はぁ・・・・隆哉、好きだよ・・・」

閉じた目からは涙がこぼれ落ちた。



※このシーン好きだわ♪って思っていただけたら「ポチ」としてください。


小説(BL) ブログランキングへ
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村



| BLOG TOP |